第55回MFJ GP 2017全日本モトクロス選手権第9戦SUGO大会

2017年シーズンの締めくくりとなる最終戦は、第55回MFJグランプリモトクロス大会 2017全日本モトクロス選手権シリーズ第9戦という国際格式のレースとして、宮城県のスポーツランドSUGOインターナショナルモトクロスコースで開催された。
今大会は大型台風接近の影響で期間中断続的に雨が降り続く生憎の天候となった。そのためコースはSUGO名物の大坂やアップダウンのあるヨーロピアンセクションがカットされ大会が始まったが、土曜日午後にはスタックが続出、その為土曜日の練習走行から大きくスケジュールが乱れ、IA2クラスの予選が日曜朝に変更となった他、J85クラスの決勝が中止となった。
そのため、さらにコースをショットカットした上でスタックする泥をコース外へ除ける懸命の補修により、日曜日は雨が降りしきるマディコンディションながらも、レース時間を短縮して大会は進行した。ランキング争いが最終戦まで持ち込まれたことや海外からの招待選手の参戦などもあり、生憎の天気ながらも土日合わせて4,500人が今シーズン最後の戦いを見守った。

IA1

RIDER: 星野 優位

決勝ヒート1、スタートでライバルの先行を許した星野は4番手で1周目のコントロールラインを通過。大荒れのコンディションの中、必死で前を追うものの、3周目にミスも重なり6番手にポジションダウン。後半さらに荒れたコンディションになっても、星野は安定したペースでポジションをキープし6位でフィニッシュを受け、ヒート2へと望みを繋げた。

そして迎えた今シーズンラストレースとなるヒート2、星野は大外から鮮やかなスタートを決めホールショットを奪うと、1周目からハイペースで逃げ、2位以下を引き離した。元々マディコンディションには強い星野にKTM450SXのタフなエンジンとマシンが彼を支えトップを快走。一時は2番手に20秒以上の差をつけるほどの独走となった。ラスト2周、バックマーカーの処理に手こずっている間に2番手に浮上してきた成田が急接近。しかし星野は落ち着いて処理した後、ファステストラップをマークする走りでラストラップを駆け抜け成田を寄せ付けなかった。結果、星野はトップでチェッカーを受け、自身4年ぶりとなるヒート優勝を獲得した。
また、KTMとして、国内最高峰IA1クラスで初優勝となっただけでなく、世界の4大メーカー(ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキ)のファクトリーチームが君臨する日本で、外国メーカーのマシンが優勝するという、全日本モトクロス界に大きな歴史を刻むことができた。

ライダーコメント: 星野 優位 総合3位(6位/1位:50ポイント)

昨年は怪我でシーズンを棒に振ってしまい、今年こそはと挑んだシーズンでしたが、優勝どころか表彰台すらたどり着けないレースが続き、本当に苦しかったですが、前戦のオフヴィでのレースでチャンスはあると感じ、最終戦に向けて自分を追い込み、トレーニングをして最終戦に挑みました。そして、やってきたチャンスをしっかりとつかみ取ることができ、KTMを一番高い所へ挙げる約束をようやく果たすことができました。最後の最後で最高の締めくくりができましたので、気持ちよくシーズンオフを迎えることができます。この勢いでオフもしっかり鍛え、来年に備えたいと思います。


IA2

RIDER: ハドリー・ナイト

悪天候の影響で日曜日朝に行われた予選。A組にはスポット参戦のルイス・スチュワートが出走。中段ポジションからスタートし7番手までポジションを上げ予選通過。B組にはハドリー・ナイトが出走。スタートでホールショットを奪いトップで1周目を通過。ランキングトップの古賀と激しいバトルを繰り広げるも先行を許してしまうが、2番手でフィニッシュ。好位置での決勝を迎えることとなった。

迎えた決勝ヒート1、ハドリー、ルイス共にスタートで出遅れてしまう。ルイスはスタート後の1周目にクラッシュに巻き込まれ
身体にダメージを受けそのままリタイアとなった。ハドリー・ナイトは1周目を25番手で通過すると着実に前を行くライダーを捉え、5周目には12番手まで浮上してきた。しかし7周目に転倒を喫し大きく後退してしまう。後半になり荒れた路面の中でも持ち前の粘り強さで走り切り18位でフィニッシュを受けた。

決勝ヒート2、ルイススチュワートはヒート1での負傷の為出走せず、ハドリーナイト1名のみでのレースとなった。中盤あたりからのスタートだったものの、ヒート1よりもさらに荒れた路面に苦戦しているライダーを横目に一気にパスし、2周目を終える頃には6番手までポジションアップしてきた。まっすぐ走るのも難しいコンディションの中、果敢にポジションを上げようとするハドリーだったが、4周目に転倒を喫し、すぐに復帰したものの7番手に後退。その後もペースもポジションも落とすことなく
レースを続けたが、ラスト1周というところでポジションを落としてしまい、11位で今シーズンのラストレースを終えた。

ライダーコメント: ハドリー・ナイト 総合13位(18位/11位 23ポイント)

ヘビーマディーなコンディションの中、思うように走ることができず、結果も残せませんでした。それでも、日本でシーズンを通してレースをさせていただくことができ、本当に感謝しております。


IA2

RIDER: ルイス・スチュワート

ライダーコメント: ルイス・スチュワート 総合-位(DNF/DNF 0ポイント)

このようなコースコンディションで走ったことがなく、対応することができませんでした。そのため、ヒート1で負傷してしまい、ヒート2を走ることができませんでした。マシンを用意していただいたにも関わらず、走ることができず、チームの皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいです。


IBOPEN

RIDER: 大澤 雅史

RESULT: 総合15位(28位/8位:18ポイント)

予選ホールショットから前に進むのも困難な中で粘り強く走り切り、A組3番手で予選通過した大澤
ヒート1では鴨田と共に好スタートを切ったが、難しいコンディションに苦戦し、何度も転倒をしてしまう。それでもなんとか走り切り28位でチェッカーを受けた。
この日の最後のレースとなったヒート2、350SXのパワーを活かして好スタートを切ると、2周目には3番手まで浮上してきた。しかしヒート1よりさらに荒れたコンディションに苦しめられポジションを落としてしまう。結果8番手でチェッカーを受け、総合15位となった。


RIDER: 鴨田 翔

RESULT: 総合16位(8位/28位:18ポイント)

予選では重い土のコンディションに苦しめられ、A組8番手で通過した鴨田。
決勝ヒート1、大澤のインに入り好スタートを切ったがズルズルとポジションを落としてしまい3周目を終える頃には17番手まで後退。そこから慎重にラインを選びながペースを上げ、前を行くライダーをパスしていき、7周目にはシングルポジションまで上げてきた。終盤もペースを落とすことなく走り続け、8番手でフィニッシュ。
ヒート2では序盤に大きく遅れをとってしまい23番手で1周目を通過。そこから粘り強く走り続け着実にポジションを上げてきたが、ラストラップでスタック。ゴールを受けることができず28位となった。結果総合16位を獲得し、国際A級昇格を決めた。


RIDER: 高橋 京世

RESULT: 総合-位(29位/30位:0ポイント)

予選で好スタートを魅せ、非常に難しいコンディションをもろともせず勢いのある走りでB組6番手でフィニッシュ。自身初の決勝進出を果たした。
決勝ヒート1、中盤グループからスタートするも、悪天候に翻弄され、転倒、スタックを繰り返してしまい、結果29位でフィニッシュを受けた。ヒート2では、スタート時にマシントラブルが発生。大きく出遅れてスタートしたが、またも荒れたコースに対処できず順位を落としてしまい30位でのフィニッシュとなった。


J85

RIDER: 橋本 俊平

RESULT:  予選B組1位 決勝中止

先頭グループを追う形でスタートした橋本。1周目は5番手だったものの、悪天候による重い土が行く手を阻む中、橋本は着実に前に進み、2周目にはトップに浮上。ラストラップでは2位以下を大きく引き離す走りも魅せ、トップをチェッカーを受けた。しかし悪天候の為、決勝は中止となった。


RIDER: 高橋 央真

RESULT:  予選A組9位 決勝中止

先頭グループに入る好スタートを魅せた高橋、ディープマディに苦戦しポジションダウン10番手で予選を終えた。しかし、荒天の為決勝レースは中止となった。


RIDER: Jilaj Wanalak

RESULT:  予選A組10位 決勝中止

今大会、タイで活躍しているJilaj Wanalak選手が国際親善を兼ねて初参戦。初めての日本、しかもディープマディの路面に苦戦しスタートで出遅れるも、徐々にポジションを上げ、チームメイトの高橋に続く10位で予選を通過。しかし荒天の為決勝レースは中止となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL