2017全日本モトクロス選手権第8戦関東大会

10月7・8日、全日本モトクロス選手権の終盤戦となる第8戦が、第2戦でも使われた埼玉県はオフロードヴィレッジで行われた。このコースは河川敷にあるが故にフラットな地形でレース全体を見渡すことができる。そこに見ごたえのあるジャンプやリズムセクション、タイトターンを組み合わせたテクニカルなコースレイアウトとなっている。大会前日の金曜日午後から土曜日午前にかけてまとまった雨が降ったため、土曜日はマディコンディション。しかし土曜日午後から急速に天候が回復し、路面コンディションも回復。日曜日の決勝が行われる頃には時折日差しが差し込む初秋の陽気もあり、ベストコンディションの中各クラスのレースが行われた。

IA1

RIDER: 星野 優位

予選レースを8番手で通過した星野、決勝ヒート1ではアウト側のポジションから好スタートを決め、大外から一気に捲り3番手ポジションで1コーナーを駆け上がった。トップグループの小方、成田らのファクトリー勢に食らいつこうと追走するが、2周目の6番ポストで山本にパスされ4番手に。その後はポジションをキープしながら前を行く山本を追うが、後半後方から追い上げてきた平田が星野に近づいてきた。そして15周目に平田にパスされ5番手に後退。しかし次の16周目にはペースが落ちてきた成田をパスし、再び4番手に浮上した。終盤も安定したペースでポジションをキープし、4位でフィニッシュを受けた。

決勝ヒート2でも、アウト側からまずまずのスタートを魅せ、6番手でレースが始まった。その1周目、山本にパスされ7番手に後退するも4周目に池谷をパスし6番手に浮上。その後はペースを落とすことなくポジションをキープ、レースを追いかけた。後半16周目には成田をパスし5番手にポジションアップ、そして17周目には田中をパスし4番手に浮上。終盤も表彰台目指し前を行く新井を追ったが届かず4位でフィニッシュを受け、結果総合4位の今季ベストリザルトとなった。

ライダーコメント: 星野 優位 総合4位(4位/4位:36ポイント)

今季ベストリザルトを残すことができました。第6戦、第7戦と調子を崩す結果となってしまっていたので、レース後自分に何が足りないのかを考え今大会に向けてトレーニングや走り込みを今まで以上に追い込み、やってきました。それが結果として残すことができました。残り最終戦、諦めずに表彰台を目指しトレーニングを続けていきます。


IA2

RIDER: ハドリー・ナイト

予選レースではまずまずのレースを魅せ、B組5位で通過したハドリー・ナイト、迎えた決勝ヒート1、スタートでは中段グループに飲まれるものの12番手で1周目を終える。2周目にはポジションを一つ上げ11番手に浮上し、前半はそのままポジションをキープした。中盤に入り、近藤、大木、斎藤、ハドリーらの激しい接近戦となり、10周目から12周目にかけて立て続けてにポジションを落としてしまい、16番手まで後退してしまう。後半になってもペースを落とすことなくレースを続けたが、前を捕えることはできず16位でフィニッシュを受けた。

決勝ヒート2、スタート後の1コーナーでクラッシュしたマシンをよけきれずスタック。復帰に時間がかかり、ほぼ最後尾でレースが始まった。その後はハイペースで前を追い、4周目には19番手までポジションを上げてきた。その後も安定したペースでレースを粘り強く続け、10周目には16番手、15周目には14番手までポジションアップ。終盤、多少の疲れが出たのかペースが少し落ちたものの、ポジションを守り切り14位でフィニッシュを受けた。

ライダーコメント: ハドリー・ナイト 総合15位(16位/14位 12ポイント)

予選では調子も良く乗れていたので5位で通過できました。ヒート1は土曜日とコンディションが大きく変わったことに対応しきれず自分のペースで走ることができませんでした。ヒート2では前走者にペースを乱されてしまい、ペースを上げらませんでした。後半になってプッシュはしたのですが結果を残すことはできませんでした。最終戦のSUGOは経験のあるコースなので、結果を残せるようがんばります。


IBOPEN

RIDER: 鴨田 翔

RESULT: 総合1位(6位/1位:40ポイント)

予選では好スタートから安定した走りでB組2位で通過した鴨田、決勝ヒート1、スタートで出遅れ中段グループに飲まれるも、そこから一気に追い上げ4周目には10番手まで浮上。その後も着実に前のライダーを捕え、9周目に7番手、12周目には6番手まで浮上し結果6位でフィニッシュを受けた。

決勝ヒート2、好スタートを切り、チームメイトの大澤に続き2番手で1コーナーを駆け抜けると、2周目の最終コーナーで先頭を捕え、ついにトップに浮上した。鴨田は2位以下をじりじりと引き離しながら、安定したペースでトップを快走。終盤になっても鴨田はペースを落とすことなく走り続け、2位と12秒もの差をつけてトップでゴール。自身IBOPENでの初優勝を獲得した。
 
 
 
 
 
 
 
 


RIDER: 大澤 雅史

RESULT: 総合15位(25位/8位:13ポイント)

予選ではC組5位で通過した大澤、決勝ヒート1では中段グループからのスタートとなるが、3周目に転倒を喫してしまい大きく後退、その後もなかなかペースを上げることができす、25位でフィニッシュを受けた。

決勝ヒート2、スタートでホールショットを奪ったものの、1周目に立て続けにパスされ4番手で1周目を終える。前半は安定したペースで4番手ポジションをキープしていたものの、6周目には6番手、続く7周目には8番手までポジションを落としてしまう。後半、なんとか前に近づこうとするが、逆に離されてしまう。それでも、ポジションをなんとかキープし8位でフィニッシュを受けた。


RIDER: 高橋 京世

RESULT: 予選B組18位(予選不通過)

J85

RIDER: 橋本 俊平

RESULT:  決勝 12位

予選B組を4番手で通過した橋本。決勝レースではまずまずのスタートから5番手ポジションで1周目を通過しトップグループに食い下がった。しかし3周目にミスを喫し11番手に後退、その後は激しいポジション争いに揉まれ、12位でフィニッシュを受けた。


RIDER: 高橋 央真

RESULT:  決勝 20位

予選A組を13番手で通過した高橋。決勝、スタートで中段グループに入り、マディコンディションの中激しいバトルが展開され、高橋は3周目には14番手までポジションを上げた、しかし翌週にはミスも重なり18番手まで後退、一進一退の攻防が繰り広げられるレースの中、高橋はその後ポジションを2つ下げ20位でフィニッシュを受けた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL