function get_mtime($format) { $mtime = get_the_modified_time('Ymd'); $ptime = get_the_time('Ymd'); if ($ptime > $mtime) { return get_the_time($format); } elseif ($ptime === $mtime) { return null; } else { return get_the_modified_time($format); } } 2017全日本モトクロス選手権第6戦SUGO大会 – KTM FUKUYAMA

2017全日本モトクロス選手権第6戦SUGO大会

全日本モトクロス選手権シリーズは後半戦に入り、今季2度目の宮城県スポーツランドSUGOで行われた。レースウィークの土曜朝まで約1ヶ月続いた記録的な降雨により、コースはヘビーマディーで始まったがその後天候は急速に回復、土曜日予選はSUGO名物「大坂」をカットしたが、日曜日には一転ドライとなりベストコンディションの中で決勝レースが行われた。

IA1

RIDER: 星野 優位

予選でラストラップに転倒を喫してしまい18番手通過の星野、厳しいスターティングポジションで決勝を迎えることとなった。
迎えた決勝ヒート1、後方スタートとなり16番手で1周目を終えるものの、4周目には10番手、10周目には9番手と着実にポジションアップしレースを展開。そして後半15周目には星野裕を捕らえ8番手まで浮上、さらにプッシュし前を追うが、ポジションをキープしたまま8位でフィニッシュした。

決勝第2ヒート、中盤グループからのスタートとなり、1周目を9番手で通過。しかし3周目に平田、4周目には深谷らファクトリー勢にパスされ11番手に後退。その後もペースを上げながら前を追うも、捕らえきることができず、ポジションをキープしたまま11位でフィニッシュ。結果23ポイントを獲得し総合10位という結果となった。

ライダーコメント: 星野 優位 総合10位(8位/11位:23ポイント)

今年一番内容の悪いレースをしてしまいました。順調に調整はしてきたのですが、結果につなげることができなかったです。ただ、決して調子は悪くないですし、皆様のサポートのおかげでマシンも良く仕上がっているので、次の名阪まで時間が無いので、気持ちを切り替えて全力でやるしかないと思っています。名阪は自分にとっては相性の悪くないコースなので、表彰台目指して頑張っていきます。


IA2

RIDER: ハドリー・ナイト

予選でトップ集団に食らいつく走りを魅せ、予選組5番手で通過したハドリーナイト。迎えた決勝ヒート1、中盤ポジションからスタートしたハドリーナイトは2周目には9番手までポジションアップ、さらにプッシュを続け前を追った。そして4周目、テクニカルセクションでの上りで前走者をパスしようと、思い切ってラインを変えたところ、スリップダウンし転倒。その際ハンドルが泥の塊に刺さり折れてしまうアクシデントに見舞われ、走行不能でリタイアとなってしまった。

チームクルーの懸命な修復でマシンを蘇らせ、マシン、ライダー共に万全の態勢で挑んだ決勝ヒート2、スタートでは10番手とまずまずのスタートを切り前を追った。2周目もトップグループと遜色ないペースでレースを追っていたが、2周目のフィニッシュジャンプ着地でマシントラブルが発生。レース続行は不可能と判断したハドリーナイトは1周した後ピットインし、そのままリタイアとなった。

ライダーコメント: ハドリー・ナイト DNF(DNF/DNF:0ポイント)


ヒート1は自分の転倒によるアクシデントでマシンが壊れてしまったけれども、チームの懸命な修復のおかげでヒート2のスタートラインに立つことができた。でも、ヒート2はマシントラブルと残念な結果になってしまった。次の名阪では結果を残せるようベストを尽くしたい。


IBOPEN

RIDER: 大澤 雅史

RESULT: 予選C組6位 決勝:総合9位(12/8位:22ポイント)

決勝ヒート1、スタートに失敗し最後尾からのレースとなったが、粘りの走りで徐々にポジションを上げていき、10位でチェッカーを受けた。決勝ヒート2ではスタートでホールショットを魅せ、トップグループでのレースで2番手まで浮上。しかし5周目にマシントラブルでストップ。そのままリタイアとなってしまった。


RIDER: 鴨田 翔

RESULT: 予選B組7位 決勝:総合10位(10/12位:20ポイント)

決勝ヒート1、後方からスタートとなったものの、着実にポジションをアップし、後半になってもペースを落とさず前を追い、10番手でフィニッシュ。
決勝ヒート2もスタートで出遅れるものの、3周目には15位、8周目には12番手までポジションアップ。最後まで前を行く奥村選手を追うも一歩及ばず12位でフィニッシュ。


RIDER: 高橋 京世

RESULT: 予選C組17位(予選不通過)


J85

RIDER: 橋本 俊平

RESULT:  予選B組6位 決勝23位

スタートでは中段グループで入るも、ミスや転倒で25番手まで後退してしまう。その後は懸命に前を追いかけ、2つポジションを上げ23位でフィニッシュした。


RIDER: 高橋 央真

RESULT:  予選A組7位 決勝25位

決勝では好スタートで8番手で1周目を終えるも、3,4周目に続けて転倒してしまい24番手まで後退。後半ペースを上げレースを追いかけるも、1つポジションを下げ25位でフィニッシュした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL