2017全日本モトクロス選手権第5戦東北大会

 2017MFJ 全日本モトクロス選手権シリーズ第5 戦東北大会は、岩手県の藤沢スポーツランドで開催された。このコースは、独特のサンド路面と林間をアップダウンする雄大なレイアウト。毎年梅雨明け前後に行われ、晴れれば猛暑、雨が降ればヘビーマディに苦しめられるタフなレースとなることが多い。今年は土曜日が36 度を越える猛烈な暑さとなった一方、日曜日は午後から大粒の雨が降り、午後はヘビーマディというコンディションが変わる中でレースが行われた。

IA1

RIDER: 星野 優位

決勝ヒート1、スタートで好位置につけ、1周目を5番手で通過、トップに争いに加わる走りを魅せるが、2周目にTeam HRCの山本にパスされ6番手まで後退。その後は安定したペースで周回を重ねポジションをキープ。6位入賞を果たした。
続くヒート2は直前の降雨によりマディコンディションに一転。スタートで大外に回った事が奏功し5番手で1周目を通過。4周目にミスでポジションを落としたものの、ヘビーマディの荒れたコンディションの中でも安定したペースでレースを続けた結果、終盤11周目には5番手までポジションアップ、そのままフィニッシュを受け5位入賞を果たした。

ライダーコメント: 星野 優位 総合6位(6位/5位:31ポイント)

予選から練習走行まで全然リズムがつかめなくて不安の残るまま決勝ヒート1を挑んだのですが、そんな中でも6位という結果を残すことができた。ヒート2は自分が得意とするマディコンディションでのレースだったので、きっちり5位という結果を残せて良かったです。今回はチームが一丸となってサポートしてくださったおかげで、結果を残すことができました。次戦SUGOでは表彰台に立つだけでなく、納得のいく走りができるよう、しっかり走り込んできます。


IA2

RIDER: ハドリー・ナイト

予選スタート直後の2コーナーで前走者と接触転倒。その際にマシン、ライダー共にダメージを受けてしまいペースを上げられないままレースを戦うことに。結果19位でフィニッシュ、予選不通過となった。

ライダーコメント: ハドリー・ナイト 予選不通過


あまりいい週末ではなかったです。スタートでクラッシュに巻き込まれ、体にダメージを受けてしまったので、まともにレースを戦うことができず辛かったです。次のSUGOラウンドをみててください。必ず結果を残してチームに恩返しします。


IBOPEN

RIDER: 鴨田 翔

RESULT: 予選B組 3位  決勝 総合10位(6位/17位)

決勝ヒート1、鴨田は中段グループからのスタートとなるも、4周目には9位、後半8周目には6位までポジションアップ。その後もポジションをキープしフィニッシュ、6位入賞を果たした。降雨で大荒れのコンディションとなった決勝ヒート2。スタートで好位置につけると一時トップに立つ走りを魅せたものの、転倒を喫してしまい大きく後退。その後も荒れたコンディションに苦しめられ17位でフィニッシュした。


RIDER: 大澤 雅史

RESULT: 予選B組 10位  決勝 総合20位(10位/DNF)

決勝ヒート1、スタートに失敗し最後尾からのレースとなったが、粘りの走りで徐々にポジションを上げていき、10位でチェッカーを受けた。決勝ヒート2ではスタートでホールショットを魅せ、トップグループでのレースで2番手まで浮上。しかし5周目にマシントラブルでストップ。そのままリタイアとなってしまった。


RIDER: 高橋 京世

RESULT: 予選A組 17位(不通過)

RIDER: 高橋 央真

RESULT:  予選B組8位 決勝26位

決勝レースでは、後方スタートとなり苦しい展開でのレースが続く。終盤になってもなかなかペースを上げらず26位でフィニッシュを受けた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL