450 SX-F 2018モデル

2018 450 SX-F ¥1,140,000

フラッグシップモデルとなる450SX-Fのエンジンは、コンパクトで軽量。独創的な設計のSOHCエンジンは最新の電子燃料噴射を装備し、11,500rpmまで吹けあがる特性となっている。 FIはケーヒン製を採用し、44mmのスロットルボディでスタートの際により早く加速できるように、選択するギアごとに最適なマッピングとなるようにECUがセッティングされている。 また、車両本体の重量の軽量化に加えて、フレームも軽量化。 フロントサスペンションやリヤサスペンションから発生するエネルギーをフレームで吸収し、より快適で疲労を感じさせないライディングを実現。 トリプルクランプは、2017年に新しいフォークチューブと組み合わせて再設計されたものを引き継ぎ、軽量かつねじり剛性の高いものに仕上がっている。 フロントフォークは左右で機能が異なり、左側にエアスプリング、右側に減衰機構が備わる。エアポンプで体重に合わせたセッティングが可能となっている。 フレーム全体とスイングアーム構造を念頭に開発された、ショックアブソーバーはダンピング特性を改善。フォークは、ダンピングニーズに合わせたダンピングカートリッジを内蔵し、ダイヤルをひねることで、トラック条件とライダーの好みに合わせて調整することが可能となっている。

TECHNICAL DETAILS

ENGINE
エンジン種類
単気筒、4ストロークエンジン
排気量
449.9 cm3
ボア
95 mm
ストローク
63.4mm
スターター
セルスターター/dd>

トランスミッション
4速
クラッチ
湿式、DDS多板クラッチ、Brembo製油圧式
EMS
Keihin製 EMS
CHASSIS
フレームデザイン
25CrMo4 スチール製セントラルチューブフレーム
フロントサスペンション
WP-USD, AER 48, O 48 mm
リアサスペンション
WP製 リンク式モノショック
サスペンションストローク (フロント)
310 mm
サスペンションストローク (リア)
300 mm
フロントブレーキ
ディスクブレーキ
リアブレーキ
ディスクブレーキ
フロントブレーキディスク径
260 mm
リアブレーキディスク径
220 mm
チェーン
5/8 x 1/4
キャスター角
63.9 °
最低地上高
370 mm
シート高
950 mm
燃料タンク容量 (約)
7 l
READY TO RACE 重量 (燃料なし)
100.2 kg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL